ケアンズ・レストラン・ナイトライフ

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報.jp > オーストラリア > ケアンズ > ケアンズ・レストラン
ご利用のご案内

ケアンズ・レストラン・ナイトライフ

ケアンズのレストランを徹底ガイド!ケアンズ現地在住者のお勧めレストランを始め、バー、クラブ等のナイトライフまで。口コミ情報も豊富で、ケアンズのレストランはこれでOK!

<< 1 2 3 >> 前のページ | 次のページ
パタヤ・タイレストラン
PATTAYA THAI RESTAURANT
タイ料理
リーズナブルな価格でタイの家庭料理を味わう
20年以上の事跡を誇るタイ料理の老舗。1品ずつ手作りで、オーストラリアの新鮮な素材を使った料理はヘルシー!
予算:手軽なレストラン  お勧め度:必ず行くべし!
口コミ&詳細情報
ファーホライズンズ
FAR HORIZONZ
モダンオーストラリア料理
高級リゾートのレストランで、優雅なひととき
コンドミニアムリゾート、アンサナリゾート&スパのダイニング。椰子の並木の続くビーチを望む、お洒落なレストランです。大きな階段状のテラス席からの夕焼けは最高です。ハネムーナー、カップルにおすすめ。料理はアジア風味を利かせた、モダン・オーストラリアン・キュイジーヌ。
予算:高級レストラン  お勧め度:必ず行くべし!
口コミ&詳細情報
フェタズ
FETTAS GREEK TAVERNA
ギリシャ料理
ギリシャ系地元っ子御用達。気取らずに本場の味を堪能。オッパー!
ナイトマーケットの側で、長年ギリシャ系住民のお気に入りだったフェタズが、グラフトン通りに移転。新しいお店は、白とブルーのインテリアで、地中海の雰囲気満点。お手軽価格で、ボリュームたっぷりのラム肉料理や魚介類を楽しめます。ちょっとずついろんな物を食べられるディナーコースの「ゾルバズ・フィースト」は特にオススメ。フェタチーズと黒オリーブが美味しいギリシャ風サラダから始まって、ホタテのソテー、ハルーミチーズのグリル、独特のハーブの香りが魅力のラム肉料理各種、ムサカなどなど、「えっ、まだ来るの?」というくらい次々に運ばれてくるお皿たちに大満足できます。リラックスした賑やかな店内だから、仲間内でのパーテ ・・・
予算:中級レストラン  お勧め度:必ず行くべし!
口コミ&詳細情報
ベイリーフ・バリニーズレストラン
BAYLEAF BALINESE RESTAURANT
地中海料理
ノースクイーンズランドで唯一のバリ料理店
バリ出身のシェフが腕を振るう料理は、どれも最高級。インドネシアでベストレストラン賞を獲得した本格派です。ワニやシーフードのサテー、バナナの葉にくるんだ蒸し鴨、チキンカレーなど、アラカルトはA$9からと良心的なお値段。
予算:高級レストラン  お勧め度:必ず行くべし!
口コミ&詳細情報
マリネーズ
MARINADES
インド料理
本場の味が楽しめる、きれい目インド料理やさん
インディアンレストランはいくつもあるケアンズですが、味と雰囲気で総合点第一位なのはココ。A$11で2種類のカレーと野菜料理、ヨーグルトとデザート、サフランライスを楽しめるランチセット「ターリ」はイチオシ。ベジタリアンターリと、お肉やエビの入ったカレーがつくターリ、2種類から選べます。もちろん、柔らかいタンドーリチキンやスパイシーなシクケバブ、各種カレーに ナン、サモサ、といった、インド料理の人気メニューも全部美味。フレンドリーで優しいスタッフばかりなのも魅力です。
予算:中級レストラン  お勧め度:必ず行くべし!
口コミ&詳細情報
焼肉こう家
KOH-YA
焼肉料理
最高級のオージービーフで日本式焼肉を!
日本人経営の本格焼肉屋さん。オーストラリア内で既にチェーン展開し、ケアンズ店は2004年7月にオープン。場所は市内中心地オーキットプラザのアボットトリート側の2階にあり、夕方17:00から夜遅くまで毎日休まずやっている。ここで取り扱っているお肉はオーストラリアの中でも厳選された最上級の輸出用牛肉、「オーストラリア」で日本人好みの一番おいしい牛肉が食べられるといっても過言ではない!中でもお勧めは値段も手頃でおいしい中落ちカルビ、白いご飯が進みます。曜日によっては、食べ放題プランもあり。ランチは丼物のみだけど、ユッケに納豆にキムチ満載の「こう家丼」は最高のテイスト!その他ランチ丼物は種類も豊富で値 ・・・
予算:中級レストラン  お勧め度:必ず行くべし!
口コミ&詳細情報
おにぎりカフェ・オム
ONIGIRI CAFE OMU
日本料理
おふくろの味をケアンズで再現!10種類以上に渡るおにぎりをお手軽に!
ちょっと小腹が空いた時には、ここ「おにぎりカフェ・オム」がお勧め!おにぎりの種類は全部で10種類以上、昆布、梅、おかかなどの定番系に加え、豚角煮、辛子高菜、鮭西京焼きなどの一風変わった具材もあり。おにぎりじゃ物足りない!そんな方のために、唐揚げや揚げ出し豆腐などのサイドメニューや親子丼弁当、白身魚弁当、うなぎ弁当などのお弁当メニューもあり。僕ポンツーン原田の一押し具材は、うなぎのおにぎりかな。こってりとした味が空腹感を満たしてくれます。その他、一風変わった飲み物バブルティなどもあります。場所はケアンズ中心地オーキッドプラザの2階です。
予算:ファストフード  お勧め度:必ず行くべし!
口コミ&詳細情報
カサ・デ・メーゼ
CASA DE MEZE
スペイン料理
地中海の雰囲気そのまま!エスプラネード沿いの、海の見えるレストラン
ケアンズ名物バラマンディや海老をふんだんに使用したパエリヤが名物。カンガルー、クロコダイルなども美味。2階の海の見えるテラス席が気持ちいい!
予算:高級レストラン  お勧め度:必ず行くべし!
口コミ&詳細情報
タンドーリ・オーブン
TANDOORI OVEN
インド料理
地元のインド人御用達のレストランで、本場の味を
いつもインド人のお客さんで賑わっているお店。タンドーリチキンA$15.95、バターチキンカレーA$16.00と、低予算で本格的なインド料理が楽しめる。
予算:手軽なレストラン  お勧め度:必ず行くべし!
口コミ&詳細情報
チェリーブロッサム「桜」
CHERRY BLOSSOM
日本料理
寿司バーから鉄板焼きまで、本格的日本食レストラン!
ゆったりと日本食を召し上がりたいなら、ここ「桜」がお勧め!鉄板焼きコーナーではまさに目の前でシェフが、オージービーフや新鮮な魚介類を調理してくれます。僕ポンツーン原田の一押しは、暑いケアンズだからこそ、鍋物!汗をカキカキ、オージービーフを使ったすき焼きやしゃぶしゃぶを食べ、冷えたビールをくいっと一杯!もう想像しただけで、よだれが…。それ以外にもオージービーフや地元の海産物を使用した創作和風料理もお勧めです。場所はスペンスストリートとレイクストリートの角、赤い大きな看板が目印です。
予算:高級レストラン  お勧め度:必ず行くべし!
口コミ&詳細情報
MATSURI
日本料理
リーズナブルな日本食なら迷わず祭!お寿司に定食、ラーメン…、何でもござれ!
お寿司から丼物、麺類となんでもござれ。おもわずケアンズにいることなんて忘れてしまいそうなうれしいラインナップ!そしてそこには家庭的な味がばっちり隠されているのです。やっぱり日本人は日本食が一番!って思ってしまうレストラン。カウンターでは料理をする大将の食へのこだわりがこちらまで伝わってきそうです。値段もお手頃、味もGOOD!かなり個人的な意見になりますが冷やし納豆うどんが最高です。冷やし納豆うどん…、あぁなんて日本的な…。もちろん一般的なカレーライスやかつ丼何かもオススメですよ。ローカルの人もよく行くお店なので時間帯によってはけっこう混むかも。場所はアボット通りのナイトマーケットに隣接したとこ ・・・
予算:手軽なレストラン  お勧め度:必ず行くべし!
口コミ&詳細情報
アルポルト・カフェ
AL PORTO CAFE
イタリア料理
リーフフリートターミナルで、海を眺めて気軽なお食事
イタリア人シェフが腕をふるう朝食、ランチ共にA$5からとリーズナブルなカフェ。びっくりサイズの「オージービーフバーガー」(A$14.90) はぜひ食べてほしい一品。アゴがはずれないよう、ご注意!
予算:手軽なレストラン  お勧め度:必ず行くべし!
口コミ&詳細情報
サルサ・バー&グリル
SALSA BAR & GRILL
モダンオーストラリア料理
椰子の木陰で、エキゾチックな無国籍料理を
カリフォルニア、メキシコ料理をベースに、南太平洋、タイ、ベトナム、マレーシア、日本といったアジア料理ミックスしたオリジナルな料理が、開放的なクイーンズランダー形式の建物とよくマッチしてます。どんどん新しいメニューが開発されるので、いつ行っても新鮮なのが、何年も通う常連客が多い所以かも。
予算:中級レストラン  お勧め度:必ず行くべし!
口コミ&詳細情報
セ・ボン
C EST BON
フランス料理
ケアンズ市街唯一の「純フレンチ」レストラン
かわいらしいこじんまりとした建物は、中に入ると天井が高く独特の雰囲気。フランス語訛りのマダムが迎えてくれる、シックなレストランです。
予算:中級レストラン  お勧め度:必ず行くべし!
口コミ&詳細情報
チャイナパレス・レストラン
CHINA PALACE RESTAURANT
中華料理
街の真ん中の、中華&飲茶のお店
DFSギャレリアの向かい。日本人好みのあっさりしたモダンチャイニーズです。オススメは飲茶(A$15-A$18) 。約140種の点心が味わえます。
予算:中級レストラン  お勧め度:必ず行くべし!
口コミ&詳細情報
<< 1 2 3 >> 前のページ | 次のページ