旅行情報は海外旅行に使える、無料オンライン・ガイドブック。現地発信なので、旅行情報が新鮮で正確です!

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
海外で憧れのドライブ!レンタカーを利用する「セルフドライブ」で周る旅も、徐々に一般的になってきた。海外でレンタカーの予約、用語、レンタカーを借りる際の手続きの方法等を徹底解説!

レンタカーとは?

海外旅行でレンタカー

レンタカー、英語でかくと「RENT A CAR」、つまり車を業者から借りること(レンタル)。もちろん自分で運転しなければならないが、自分自身のペースで好きなように、また海外ならではの道をドライブできる等、海外旅行の醍醐味、普段とは違う体験ができるので、若い人、ファミリーを中心に人気急上昇中。最近のハワイ、オーストラリア等の各国の政府観光局も、このレンタカーを利用した旅のプロモーションに力を入れている。ベトナムなどの一部の国では、「レンタカー」というと、運転手付きの貸切車をさす場合もある。

レンタカーを運転するには?

レンタカーを運転するには、もちろん現地の運転免許証があれば、それに越したことがないが、普通現地在住でない限り持っていない。日本の有効な運転免許はもちろん必須だが、これに1年間有効な「国際運転免許証」を、住民表のある各都道府県の免許センター、一部の警察署で取得するれば、多くの国で運転をすることができるようになる。国際運転免許証の詳細は、国際運転免許証のページを参照すること。なお、グアム、サイパン、ハワイに限り、国際運転免許証がなくとも、有効な日本の免許証のみでレンタカーを仮り、運転をすることができる。

レンタカーの予約

レンタカーの予約は、レンタカー会社に直接電話、WEBサイト経由で、あるいは各旅行会社、で行うことができる。また、現地到着後、空港・市内のレンタカー会社のカウンター、旅行会社などでも。
日本出発前に予約する場合、予約方法は日本円建てのクーポン購入と、現地通貨建ての現地支払いの2種類がある。日本円建ては料金が均一、為替変動がない、保険がパックになっている商品があり安心などのメリットがある。一方現地通貨建ては、保険を自分で自由に選択できる、変動料金なので、たまに安いキャンペーン料金などが出ていることがある、など。
日本円建てクーポンは日本で支払いをし、現地通貨建ては現地にて支払い。どちらが得かというと、国、場所、タイミングで日本円建てクーポンの方が安かったり、現地建ての方が安かったりと、なんともいえない。各レンタカー会社のWEBサイトで検索して料金を比較して検討すること。ただし、初めてのレンタカー、あるいは英語が苦手な人は、日本円建てクーポンで、保険もすべてセットになっているものを購入することをお勧めする。

大手以外のレンタカー会社

海外旅行でレンタカー

レンタカー会社には、ハーツ、エイビスなど世界ブランドの大手のレンタカー会社の他、各現地で営業する、小規模のレンタカー会社も多く存在する。料金的には、一般的に、これらの小規模レンタカー会社の方が安い場合がほとんど。ただし業者によって、車が古い、整備が行き届いていない、等がみられ、ほんの一部のひどい会社になると、最初からついていた傷に対して、高額の修理代金を請求する、などの話も聞く。すべての小規模業者がこうだということは、もちろん無いが、現地在住の人は除き、一般の短期旅行者が利用するのは、あまりお勧めしない。やはり、レンタカーはリスクの高い交通手段でもあることから、若干料金は高くとも、大手のレンタカー会社を利用した方がベターだ。

レンタカーの利用年齢制限


通常21歳以上でなければ、レンタカーを借りることができない。海外で予約する場合は、25歳以上、あるいは21歳以上でも構わないが、25歳未満の場合は追加料金必要、というケースもあるので、予約の際には注意すること。日本で予約する大手のレンタカー会社の場合、どこも21歳以上である。

クレジットカードの所持は必須

海外旅行でレンタカー

レンタカーを借りる際には、本人名義のクレジットカードの所持が必ず必要になる。これは、日本で円建てのクーポンを購入していようが、現地で現金で支払いをしようが、どんな支払い手段にしようと、クレジットカードは必須となるので注意。これは、信用調査の代わり、もしもの際の支払い保証のため、である。追加運転手を登録する場合、契約者(メインドライバー)だけでなく、この追加運転手もクレジットカード提示が必要となるので注意すること。

追加運転手とは?

追加運転手はそのまま「ADDITIONAL DRIVER」(アディショナル・ドライバー)。例えば4人で借り、うち3人が運転する場合、一人は契約者だが、残り2名はこの追加運転手として、レンタカーを借りる際にレンタカー会社に申し出ることが必要。所定のフォームへ記入と署名を求められ、運転免許証、国際運転免許証、クレジットカードの提示が必要となる。この手続きをしないで運転、万が一事故を起こした場合、原則保険が効かなくなるので、十分に注意が必要だ。

保険が適用されないケース

下記の場合は、原則保険が適用されないので注意が必要だ。
1. レンタカー会社の承認を得ていない運転手(前項の追加運転手未登録など)
2. 速度超過、薬物・アルコールの摂取、など現地の法令違反
3. 未舗装の道路での事故

レンタカーの保険の種類

レンタカーの保険は、国・地域によって呼び名が異なったり、内容・条件が異なっている。下記は一般的な解説になるので、詳しくは各国のレンタカーの項、又はレンタカー会社のWEBサイト、契約書を参照すること。

●自動車損害賠償保険(LP)
自動車損害賠償保険(AUTOMOBILE LIABILITY AND PROPERTY PROTECTION、通称LP)は、車を登録する際に必須となる強制保険なので、当然レンタカーを借りる際には、レンタル料金に含まれる。ただし、多くの国では対人、対物に対する補償であって、運転者、および搭乗者に対する補償はないので注意。
また、アメリカ合衆国のように、州によってその最大補償金額はことなるが、その額が数万ドルと決して高くないこともあるので、その場合は必ず追加の追加自動車損害賠償保険(ALI)も購入すること。

●車両損害免除制度(LDW/CDW)

LDWは「LOSS DAMAGE WAIVER」、CDWは「COLLISION DAMAGE WAIVER」の略。一般的に、LDWは事故および盗難、CDWは事故のみで盗難はカバーされない。決められた免責額を契約者が負担することにより、その債務を免除する保険。オーストラリアでは自動的に加入されているが、アメリカ合衆国、カナダではオプションになっている場合が多く、是非はいっておきたい保険だ。クレジットカードによっては、そのクレジットカードで借りることにより、自動的にカード会社側の保険でLDW/CDWに無料で自動加入できるものもある。

●搭乗者傷害保険(PAI)

搭乗者傷害保険(PERSONAL ACCIDENT INSURANCE、通称PAI)は、運転者、および搭乗者に対する保険。

●手荷物保険(PEP、又はPEB)

手荷物保険(PERSONAL EFFECTS PROTECTION、又はPERSONAL EFFECTS AND BUGGAGE INSURANCE)は、レンタカーを借りている間に、荷物の盗難、損害を補償する保険。ただし、現金、貴金属、有価証券などは補償されない。

●車両盗難保険(TP)

車両盗難保険(THEFT PROTECTION、通称TP)は、レンタカーが盗難にあった際にカバーされる保険。LDWで保険がかかっている場合は良いが、CDWが事故しかカバーされず、盗難に対してカバーされていない場合には、海外での車の盗難率は高いこともあり、是非にでも入っておきたい。

●免責軽減制度(ER、又はZDC)

免責とは、アメリカでは「DEDUCTIBLE(ディタクティブル)」、オーストラリアでは「EXCESS(エクセス)」と呼ぶ。LDWなどで事故にあった際、契約者が払わなくてはいけない、事故負担金のこと。これを減額、又はゼロにするための保険。オーストラリアでは、ER(EXCESS REDUCTION)、グアムではZDC(ZERO DEDUTIBLE COVERAGE)、ヨーロッパでは「SUPER」をつけて「SUPER CDW」などと呼ぶ。

ハーツ

ハーツ
ハーツ・レンタカーは、90年の歴史を持つ、レンタカー最大手の一つ。 日本を始め、ほぼ全世界の主な都市に支店を持つ。オンラインのブッキングシステムも大変使い勝手が良く、お勧めのレンタカー会社。