シドニー・概要

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報.jp > オーストラリア > シドニー > シドニー・概要
ご利用のご案内

シドニー・概要

シドニーを訪れるにあたり、シドニー到着前におさえておきたいシドニーの基本情報。シドニーの概要をコンパクトにまとめました。

シドニーの位置
シドニーの位置

シドニーの位置・アクセス

シドニーはオーストラリア大陸東海岸、南東部に位置し、ニューサウスウェールズ州の州都。

日本からシドニー空港へは、カンタス航空、日本航空が毎日直行便が運行し、片道約12時間。

ケアンズ、あるいはブリスベンなどオーストラリア内のほかの都市を経由してシドニーへ来る他、マレーシア航空、大韓航空、シンガポール航空など、他の国を経由してシドニーへ入る方法もある。

ツアーなどでシドニーを訪れる場合、ゴールドコーストケアンズエアーズロックなどとコンビネーションになっている場合が多い。



夕暮れのシドニー・オペラハウス
シドニー上空からの眺め

シドニーの見所

シドニー市内の見所としては、まずは何をおいても、世界文化遺産にも登録された、御馴染みオーストラリアを代表するランドマーク、オペラハウス。できれば外部だけでなく、オペラハウス内部も見学できる、オペラハウス主催のツアーに参加してみたい。

予算が許せば、ハーバーブリッジを登るブリッジクライムも是非参加してみたいアトラクションだ。ハーバーブリッジを登りきると、素晴らしいオペラハウス、シドニーハーバー、そしてシドニーの都会の景色を味わうことができる。

そしてシドニーで一番高い建造物のシドニータワー。どちらかというと、夜景鑑賞よりも、シドニーのハーバーがきれいに見れる、昼間の展望の方がお勧めだ。その他シドニー市内には、ミセスマッコーリーズポイントダーリンハーバーシドニー水族館ザ・ロックスサーキュラーキーなどの観光ポイントがある。

シドニー市内だけなく、シドニー郊外もはずせない観光スポットが多くある。世界自然遺産にも指定される、ブルーマウンテン、世界的に有名なワインの産地、ハンターバレー、イルカウォッチングで人気のポートスティーブンスなど。

日本からの観光旅行だと、2泊程度のパターンが多いが、是非3泊、4泊して、これらのシドニー郊外の観光地もめぐってもらいたい。

夕暮れのシドニー・オペラハウス
夕暮れのシドニー・オペラハウス

シドニーの概要

シドニーはオーストラリア最大の都市であり、オーストラリアの商業、金融の中心都市である。2006年現在の人口は約428万人、ニューサウスウェールズ州の州都である。


2007年に世界文化遺産にも登録され、シドニーだけでなく、オーストラリア全体のランドマークと言うべき、オペラハウスをはじめ、ハーバーブリッジ、シドニータワーを始めシドニー市内の高層ビル群の人工物と、シドニーハーバーの青い海と緑の自然とが、高い次元で調和をする、世界たぐい希な街といえる。シドニーは、別名「ハーバーシティ」とも呼ばれ、ナポリ、香港とともに、世界三大美港の1つに数えられる。


年末12月31日の花火大会は年々パワーアップし、規模を拡大している。この花火大会もあり、シドニーで年末・年始のホテルを確保するのは至難の技となり、料金も高騰する。

年末のシドニー花火大会
年末のシドニー花火大会

シドニーの経済

シドニーは、メルボルンと並ぶ、オーストラリアの商業、金融の中心地である。世帯所得はオーストラリア最高を誇り、約年間420万円。ウエストパック銀行、ウールワースなど、シドニーに本社を置くオーストラリア企業は多く、シドニーオーストラリアの全体のGDPの25%を稼ぎ出す。


数多くの旅行雑誌などの投票で「住んでみたい街」「ベストシティ」などで選ばれるシドニーであるが、近年の不動産価格の高騰は目に余るものがあり、住宅費を中心にシドニーの物価は高いといえる。以前オーストラリアは物価が安い国というイメージがあったが、最近の豪ドル高もあり、既にそれは過去の話となり、ある調査によると、世界で16番目に物価の高い都市にランクされる。シドニーの現在の平均住宅価格は約5500万円、借りた場合の平均家賃は月19万円にもなる。


シドニーは商業、金融だけでなく、観光業にも力を入れており、約780万人の国内旅行者、約250万人の海外からの旅行者が訪れる。毎年9-11月、2-3月は、国際会議、見本市、会社関係のコンファレンスなどがシドニーで開かれ、シドニーのホテルは大変混み合う。

ブルーマウンテン
ブルーマウンテン

シドニーの歴史

1770年にジェームズ・クックがシドニー近郊のボタニーベイに上陸したことから始まる。その後1788年にアーサー・フィリップが11艘の船とともに上陸、植民地化に着手した。その時には、4000人から8000人の先住民族、アボリジニが暮らしていたとされている。1842年には市政が引かれ、シドニーオーストラリアで最初の市となり、1851年のゴールドラッシュにより入植者が急増することになる。

1942年の太平洋戦争中に、日本海軍の潜水艦3艘が、シドニー湾内に進入し、シドニー湾に停泊していた、オーストラリア海軍艦船を攻撃したことは、あまり日本人に知られていない。2艘はシドニー湾内で自爆し、戦後引き上げられて、現在はキャンベラのオーストラリア戦争記念館に、詳しい資料とともに展示されている。残り1艘は行方不明とされていたが、2006年にシドニー湾で民間のダイバーにより発見され、大きなニュースとなった。

2000年にはシドニーオリンピックが開催され、高橋尚子選手の金メダル獲得など、大きな話題を呼んだ。

 

シドニーの概要の口コミ情報
まだ口コミ情報は存在しません。是非口コミ情報を投函してください!!