スプリングブルック国立公園

スペース
旅行情報.jp
バナー広告

スプリングブルック国立公園

スプリングブルック国立公園
数々の滝と土ボタルの世界自然遺産
ラミントン国立公園とならんでゴールドコーストを代表するユネスコ世界自然遺産、そしてゴールドコーストのシンボル的存在なのがこのスプリングブルック国立公園。標高946mのスプリングブルックマウンテンの頂に広がるこの広大な世界自然遺産は着生シダ類を主体とした亜熱帯雨林と、オーストラリア全土で600種類を数えるというユーカリの林から成り立っており、オーストラリア特有の動植物の宝庫となっている。

スプリングブルック国立公園は大きく3つの地域に分けることができる。まずはスプリングブルック地区。ここにはスプリングブルック国立公園全体を見渡せるキャニオン展望台、ベスト・オブ・オール展望台など絶景ポイントと、パーリングブルック滝、ブラックフェローの滝、ツインフォールズの滝など数多くの滝とそれに続く湧き水のせせらぎがあり、そのダイナミックに形成された景観が訪れるものを魅了してくれる。

またふたつめのナチュラルブリッジ地区はいわずと知れた土ボタルの棲息する洞窟がある場所。ナチュラルブリッジは流れ落ちる滝の滝つぼが洞窟状になっており、年中適度な湿度を保っているため、土ボタルの生活環境には最適な条件が整っている。その洞窟の天井部分にはまるで天の川のように無数の土ボタルがほのかに青い光を放ち、幻想的な空間を演出している。

土ボタルは実は昆虫の「蛍」とは全くの別種であり、ブヨの仲間の幼虫期の姿である。はじめて発見されたのは1871年。ニュージーランドの北島で坑夫により発見され、それ以降しばらくは「蛍」の仲間として認識されていたが、学術調査が進むにつれ、キノコバエ科のブヨの幼虫であることが分かった。

ナチュラルブリッジ地区では土ボタルのほかにもポッサムやパディメロンなどの有袋類、また絞め殺しのイチジクの木など古代植物が数多く生息する。

3つめはマウントクーガル地区。ここはカランビンバレーの上流にあたり、トレッキングコースなどがある。

現在のところスプリングブルック国立公園に行く公共の交通機関は無いので、各種オプショナルツアーに参加するか、またはハイヤー、レンタカーで行く形になる。

観光スポット名 スプリングブルック国立公園
英語名 SPRINGBROOK NATIONAL PARK
都市 /エリア ゴールドコースト/スプリングブルック国立公園
種別 エリア
住所 SPRINGBROOK NATIONAL PARK
アクセス 各種オプショナルツアーまたはレンタカーにて
お勧め度 必ず行くべし!(必ず行くべし!)
口コミ評価 口コミ平均: (時間が余ったらどうぞ)

霧がかかったキャニオンルックアウトからの眺め
霧がかかったキャニオンルックアウトからの眺め
幻想的なナチュラルブリッジの土ボタル
幻想的なナチュラルブリッジの土ボタル
ポッサムなど野生動物の宝庫
ポッサムなど野生動物の宝庫

写真はイメージで実際とは異なる場合もございます。



スプリングブルック国立公園に関連するオプショナルツアー一覧


ゴールドコースト出発のツアー



スプリングブルック国立公園の口コミ情報
投稿者:パンダ
口コミタイトル:内容にやや違いが。
旅行時期:09/2010
こちらの口コミを読んで参加していたので、料理のボリュームやコース内容は把握していたのですが、
内容が若干異なったので一応報告。
散策終了後にコーヒーとラミントンケーキで休憩と記載されていたのに、全く無いまま終了しました。
その為か予定時刻より30分以上も前倒しでホテルに到着。この休憩のケーキも期待していただけにガッカリでした。
また、夕食付きコースの前菜はイカリングが無く、またボリュームがあって食べきれないと書かれているメイン料理は
全然普通サイズです。なんか拍子抜け。
それでも、土ホタルは想像通りにキレイな光を放っていて、よく見られたのが唯一の救いでしょうか。
しかし、ツアーガイドさんがデジカメの液晶やフラッシュは厳禁と注意しているにも関わらず、何度も撮影を試みる方が
いて、その度に注意されるという事態が発生し、イヤな空気でせっかく素敵な内容がやや台無しに。
これから行く方は、マナーを守って、料理にはあまり期待せずに参加されるといいかと思います。
評価: (ちょっと不満が残りました! )
投稿日:2010年9月27日